2016/04/04

TITLE:「 川柳 

 「稲城市、桜・梨の花まつり」の日、エッセイの師匠から本が届いた。
川柳合同句集「ふじみ」、NHK通信教育の川柳講座を受講している同好の人たち34名で出版した本と手紙にあった。
師匠は医薬ジャーナリスト、物書きのプロである。川柳は別物であるらしい。

 気難しい約束事がない。自由度が高い。楽しい。しかし手ごわい。川柳の底なしのおもしろさはそのあたりにあるらしい気づいたとき、この五七五の形に引きずり込まれてしまいました。(本からの抜粋)

 師匠はボクと一回り違う。何歳になっても学ぶ姿勢を改めて教えられた。

040[1]
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する