2016/04/22

TITLE:「 貧乏暇なし 

 工房前の梅林にタンポポの黄色い花が咲いた。あっという間に白い綿毛に変身した。
 青渭獅子の篠笛の稽古や芸文連の会議などで毎夜、あちらこちらに出向いている。ときどき今日は何をする日だった分からなくなり、徘徊状態である。
 「貧乏暇なし」を実感していると工房の周りに「ハルジオン」が咲き始めた。
「いかん、いかん」ハルジオンは貧乏草といわれている。今日、全部引き抜いた。
「少し暇になればよいのだが!」今晩は、鳴らない篠笛の稽古である。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する