2016/06/13

TITLE:「 夏祭りの準備 

 展示会の次の週の日曜日、八坂神社の夏祭りの準備が始まった。ボクの住んで いる稲城市東長沼は青渭神社と八坂神社の2つがある。東長沼全体の鎮守様が青渭神社。工房のある地域は、本村と言った。本村の鎮守様が八坂神社。本村は後村、番場、関場、本郷の4部落からなる。ハッピには本村と大きく染められている。車のない時代には細かく地域が分かれ、それぞれの地域を部落と呼んでいた。部落ごとに行事が行われた。

八坂神社の夏祭りは、全てが手作りである。狭い境内に仮設の舞台が作られる。舞台の周りは手で折った花が飾られる。社務所の二階では女性軍が花を折り、外では男性軍が花を飾る竹を割って花を挿す場余に鋸で括れをいれる。毎年、新しい花を作り、新しい竹に飾りつけ奉納するのがしきたりだ。集まった地域の氏子たちは冗談を言い合いながらテキパキと作業を続ける。みんな生き生きと楽しそうだ。ボクも氏子になって5年目になる。今年も奉納芸能で歌手を頼まれた。

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する