2016/08/29

TITLE:「 楽屋になったボクの部屋 

 今年になって始めたことが三つある。青渭獅子の舞、盆踊りの櫓太鼓の稽古と弓道である。青渭獅子は4年前に入り法螺貝、篠笛と歌い手として参加しているが篠笛と歌い手はまだ修行中である。青渭獅子は天狗を先導された雄獅子、女獅子、求獅子の道中記である。女獅子のタカさんが高齢のため後継者を探していた。ボクが継続するため二軍制を提案した。仲間のアッチャンを推薦したが提案したボクも女獅子の二軍として稽古をすることになった。櫓太鼓は獅子舞の仲間シゲさんから誘われて参加した。弓道は中学2年3年の担任だった吉田先生が5段の有段者だった。その頃、やってみたいと思っていたがこの年まで機会がなかった。市の広報誌で募集を見て応募した。

老後は20くらいの趣味があってよいという経営コンサルタント大前研一さんの言葉どおりにやっているのだがなかなか大変な日々である。

 大変な波はボクの狭い部屋まで押しかけて来た。部屋に盆踊りの浴衣、帯、下駄、祭りの半纏、股引、腹巻、ダボシャツ、手拭、足袋、地下足袋と衣装だけでも凄いことになっている。これに弓道の道着が加わった。弓道着は白い弓道衣と袴、帯、足袋と種類が多く場所をとる。

 友人に役者がいて明治座公演の楽屋を訪ねたことがあった。主役クラスは個室の楽屋だったが友人の楽屋は数人でシェアされていた。何種類もの着物や帯が衣装掛けにかけられ足袋や刀、カツラが散乱していた。

 今、ボクの部屋はボクだけしか使っていないんだけど同じ状態である。楽屋だと一体何人でシェアしていると思われるほどだ!カツラはないけどね・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する