2016/11/28

TITLE:「 演劇ワークショプ 

   

ボクは村芝居、青渭ざの役者だ。今年の出し物、水戸黄門で悪代官を演じた。鉢洗い(反省会)で今年のMVPは悪代官だったという好評をもらってますます図に乗っている。

「三回受けるとあなたも役者になれる」というキャッチコピーに魅かれて演劇ワークショップに参加した。会場に行くと女性ばかりの参加だった。「こりーいかん」と引き返そうとすると「男性もいますから」と引き留められる。

女性が嫌いなわけではないのだが近頃、どこのイベントに参加しても女性中心の団体が多い。若い頃、仕事が女性の少ない職場にいたため女性が多いと緊張し疲れる。ボクの所属する青渭ざは座長が女性だがオヤジ中心の劇団である。とにかく一ヶ月に一度の稽古が待ちどうしい。団員が高齢のためセリフが覚えられなく台本を見ながらの稽古だが楽しい。終わってからの一杯目当ての団員も多い。

受付で「帰る」「帰らないで」とやっていると青渭ざのメンバー、カトチャンがやってきた。

帰るに帰れずしぶしぶ参加する。

ワークショップの講師は日本演出者協会会員の藤間健さん。一回目は演劇の基礎、1」コミュニケーション、2」即興劇、3」心の中の台詞、4」レセプション。5」二次的動作となっている。藤間さんの話の中で演劇の歴史について体系的な説明があり良かった。三番「心の中の台詞」は、今後表現方法で活用できそうだ。

2時間半の演劇ワークショップを受講して直ぐに役者になれると思えないが有意義な時間だった。

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する