2017/01/30

TITLE:「 仙厓 

  新年を迎えたかと思ったらもう中旬。工房前の梅の花が満開になった。工房の水道管が凍るほど寒い日もあるが,差し込む陽ざしが春を感じさせ始めた。久しぶりに会社のOB会に出席した。

 文京区の永青文庫で展示されている仙厓展を見てきた先輩から良かったと聞いた。図録を見ていると先輩が良かったら先に見てよと貸してくれた。図録にある〇△□図は見たことがあったが、仙厓については何も知らなかった。

 仙厓は美濃国武儀郡(岐阜県)で生まれ、11歳のころ臨済宗の僧になった。19歳で行脚し月船禅彗の門下になる。32歳で印可を受け、再び行脚。39歳より博多の聖福寺の法嗣となる。本格的に絵を描き始めたのは40歳代後半になってからと見られている。

 仙厓の絵は生前から人気があり、一筆ねだる客が絶えなかった。狂歌も多く読んだ。「うらめしや わが隠れ家は雪隠か 来る人ごとに紙をおいていく」から読み取れる。

 ボクは仙厓の絵を見て陶芸の絵付けに使えると感じた。思うまま作品に筆を走らせる。上手く描こうとか、ここに線を引いた方が良いとか、褒められたいとか、いくらで売れるとか、そんな邪心を感じさせない。

 さすがに禅宗の和尚さんだと感心していると辞世の言葉が「死にとうない」とあった。何だ、同じ人間じゃないか!

 代表作「指月布袋図」を見ていると幸せな気分になって来るから不思議だ。a1d88e4d5913fd63d535a516ffd962ca.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する