2017/02/20

TITLE:「 フォスターシティ視察と英会話 

 ボクの住んでいる稲城市では二年前にアメリカ合衆国カルフォルニア州サンマテオ郡フォスターシティ市から稲城市と姉妹都市提携についての打診があった。海外姉妹都市検討市民会議を立ち上げ、二年間市検討を重ねた。市民会議のメンバーは、自治会連合会、農業委員会、商工会、消防団、体育協会、教育委員会、三曲協会、PTA連合会、青少年育成地区委員会、国際交流の会、国際ソロプチミスト、市民活動サポートセンター、ロータリークラブ、青年会議所、芸術文化連合会と公募市民2名からなる。各団体から多くの意見があった。選定は英語圏であること、安全であること、教育交流、スポーツ交流、文化交流ができることの中から打診のあったフォスターシティが最終候補として残った。市民会議ででた結論を市に提言するため現地視察が行われた。

 

 市民委員三名と行政一名の四名で羽田空港からサンフランシスコ空港へ飛び立った。機内は満席のため四人ともバラバラに搭乗した。ボクはどこでも寝られる特技の持主だ。左の窓側席にシアトルの大学院生、右の通路席はサンフランシスコ在住の日本人の女性。夕食にワインを飲んで一眠りするとサンフランシスコ空港まで後三時間。耳を苦手な英語に慣らすため窓側の大学院生に話しかけた。この大学院生、四カ月間文京区の大学に留学していたそうだが日本語がほとんどダメ。ボクは中学、高校、大学と10年間、英語の勉強してきたが全くダメ。自分のことは棚に上げて、「こいつ、いったい何しに日本にきたんだ」と言いたい言葉を心にしまい、片言の英語で話していると通路側の女性が通訳に入ってくれた。おかげで耳が英語になれず、サンフランシスコ空港に着いた。

 空港には、若い副領事が迎えに来ていた。副領事を見てボクは、自分が市民を代表した任務背負っていることを認識し、顔が引きつった。

 フォスターシティ市の元市会議員のスティーブ岡本さんから二日間、市内の案内をしていただいた。

一日目は文化施設であるウィリアム・E・フォーカーレクリエーションセンター、62歳以上の低所得者住宅、レオ・J・ライアン記念公園、ラグーンのダフィボートからの街並みを見学し、スティーブ岡本氏の自宅でディナーをいただく。ディナー後、同行した行政より稲城市のプレゼンテーションを行う。

二日目、フォスターシティ市役所、市警察署、市消防署、小学校、シークラウドパーク、青少年センター、サンマテオ仏教会、サンマテオ・フォスターシティ市学校区などを視察する。

多くの施設を訪問して多くの方と意見交換ができた。サンマテオ・フォスターシティ市のジョアン・ロサス教育長との意見交換では今後姉妹都市提携に向けて具体的な事案をいただけた。スカイプでの教育交流など直ぐ実施可能な提案があった。

フォスターシティ市の多くの方に歓迎していただいた。68歳のボクが非常に多くのことを学ぶことができた。今後、稲城市とフォスターシティ市の友好都市が締結できれば多くの若者、多くの子供たちの学ぶ場が増えることだろう。成人の方々、シニアの方々にとっても有意義な経験の場になる。

二日間の視察を終える頃には、フォスターシティ市の環境になれ、最初、引きつった顔も、元の緩んだ顔に戻った。苦手な英語は、通訳と海外生活が長かったメンバーのお陰で、「Nice meet you」と「Thank you」だけに終わった。

IMG_1753.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する