2017/03/27

TITLE:「 オランピア  

 メンバーのミケさんは気まぐれにやって来る。来ると作陶の前、タバコに火をつける。品のよい指先にタバコをはさみ、スーッと優雅な煙が流れる。

 ボクは黙ってミケさんの前に粘土の塊をだす。ミケさんの使う白粘土はほとんど白。ミケさんは他のメンバーさんと話しながら粘土の塊から形をつまみ出していく。話し声が聞こえなくなると外でタバコをふかしている。たまに前のファミリーレストランに居ることもある。外で梅畑をスケッチしていることもしばしばある。

 塊から裸婦像がつまみ出された。ミケさんは「あれ、右足が上だったかな。まあ、どっちでもいいか」と呟いた。次の日、マネの画集を抱えてやってきた。ボクに写真を見せて「やっぱり足が反対だった」と笑った。マネのオランピアからつまみだした作品だった。

 画集を読むと19世紀のパリで「オランピア」は、娼婦の意味であることを知った。一糸まとわぬオランピアはまっすぐ前を見つめている。身に着けているものは首飾りと腕輪、片方のサンダルは脱げている。 ミケさんの作品も片一方のサンダルが別に作られていた。首飾りも腕輪もある。

 立体の物をキャンバスに映し出す作業は画家にとって簡単なことだろう。平面なものを立体にする作業はかなりの想像力が必要となってくる。ミケさんはいとも簡単につまみ出すのである。

 ミケさんは画家ミケランジェロを崇拝している。ミケランジェロは画家、彫刻家で建築家、詩人でもある。ミケさんの趣味は絵を描くこと。画家と言ってもよいほどの腕前だ。彫刻はやらないが陶芸がある。建築家になったという話はまだ聞いていない。

IMG_20170214_140810.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する